いびきを対策はまず鼻呼吸から

0

    いびきの原因は様々ですが、口呼吸を鼻呼吸にするといびきは軽減されます。

    大口を開けてかくいびきはかなりの騒音です。

    口を閉じていれば、かなりいびきは抑えられます。

    鼻がつまって鼻いびきをかいたり、気になる程度の寝息はあっても

    怪獣のようないびきはかきません。

     

    姿勢が悪くなると口呼吸になりやすいので鼻呼吸にするために

    一番気をつけて欲しいことは舌の位置です。

    口呼吸になっている時は舌が下側に落ちている場合が多いです。

    上の前歯の手前にしっかり舌をつけてください。

    この位置にあると首の支えにもなり、頭が前に出にくくなります。

    舌がスポットと言われるこの位置にあると口で呼吸がしにくいので

    鼻呼吸になりやすいです。

     

    姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、体が酸欠状態になり、多くの酸素を

    とりこもうとして睡眠時に呼吸が大きくなり、いびきの原因になります。

    鼻がつまる人は鼻で呼吸しないから通りが悪くなるというのがあります。

    普段から鼻呼吸にすると睡眠時も鼻呼吸になりやすいです。

    睡眠時に口にテープを貼るのは有効です。

    鼻が詰まりやすい人は鼻腔拡張テープと口呼吸防止テープの併用をおすすめします。

     

    ただ枕の高さが合っていない場合は気道が狭くなってしまうので

    呼吸が苦しくなりやすいです。

    いつの間にかテープを剥がしてしまう人は睡眠時に気道がかなり狭くなっている

    可能性があります。

    当店では1ミリ単位で枕の高さを調整しているので睡眠時に最も楽な

    首の角度に合わすことができます。

    テープの品質が悪い、合わないという場合、他にいびきの原因がある場合は

    期待するだけの効果が実感できない場合があります。

     

    テープは使い捨てなのでコスパは悪いです。初期費用が高くなりますが

    トータルコストは安くなるのでオーダーメイド枕は良いと思います。

    いびきを軽減させるためには首を下から支えるオーダー枕はよくありませんし、

    寝返りがうまくうてないと疲労が回復せずいびきの原因にもなります。

    寝た状態で正確に高さを合わせたいと言う方は一度ご相談ください。

     

    大阪のオーダーメイド枕は整体や雅

    ホームーページ http://seitai-ya.com/makura

    JUGEMテーマ:オーダーメイド枕

     


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    SUPER CEOに掲載されています!

    次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

    ランキングに参加しています。一日ワンクリックお願いします。

    ワンクリックプリーズ!

    人気ブログランキングへ

    良かったら押してね!

    とりあえず押してね!

    selected entries

    categories

    archives

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM