枕を立って計測する理由は何?

0

    JUGEMテーマ:オーダーメイド枕

     

    自然な立ち姿勢が理想の睡眠姿勢である

     

    枕やマットレスの会社のホームページでよく目にします。

     

    しかし、これっておかしいと思いませんか?

     

    立っている時は頭上から重力を受け、筋肉が緊張して、背骨は圧力を分散させようとして

     

    S字のカーブを描きます

     

    寝ている時は体の正面(仰向けの場合)から重力を受け、筋肉がゆるみ、背骨のカーブは

     

    ゆるやかになります。

     

    寝具メーカーは素材のプロであって体のプロではありません。

     

    寝ている時の首の角度は、体のことを真剣に見てきた人でないとわかりません。

     

    真剣に見てきたとしても、わからない人のほうが多いと思います。

     

    立った時の状態で計測するのは、ただ計測しやすいからではないでしょうか。

     

    寝ている状態で首のカーブは測りにくいですよね。

     

    というか元々あまり首のカーブのない日本人が仰向けでリラックスするとほとんど

     

    カーブはできません。

     

    首のカーブを測ってスキマを埋めようとするのは正確に高さを合わせられないから。

     

    正確な高さに合わせて最適な首の角度にすれば首のうしろを持ち上げる必要は

     

    ありません。

     

    当店は寝た状態で体に合わせて1ミリ単位で高さを調整します。

     

    百貨店や寝具店のオーダーメイド枕はあなたのわがままを聞いてくれる枕です。

     

    好みの硬さや高さ、素材にこだわりたいなら良いと思います。

     

    睡眠の質や体のことを優先したい場合は私におまかせください。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    SUPER CEOに掲載されています!

    次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

    ランキングに参加しています。一日ワンクリックお願いします。

    ワンクリックプリーズ!

    人気ブログランキングへ

    良かったら押してね!

    とりあえず押してね!

    selected entries

    categories

    archives

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM