寝汗がひどい原因は首?

0

    JUGEMテーマ:オーダーメイド枕

     

    誰でもコップ1杯程度の寝汗はかくといわれていますが、

     

    枕や布団、パジャマまでグチョグチョに濡れていませんか?

     

    暑い時期は寝汗の量が増えるのは普通ですが、

     

    年中寝汗ががひどくて夜中に目がさめるという方も多いです。

     

    寝汗をいつもかく人は首の筋肉が過度に緊張している場合が多いです。

     

    自律神経のバランスが悪くなると、体温や発汗をうまく調節できません。

     

    睡眠中に交感神経が強い状態だと寝汗がひどくなります。

     

    ストレスがたまっている人、スマホやパソコンをよく使う人、

     

    姿勢が悪い人は要注意。

     

    頭が前に出ることで首の筋肉が緊張しやすくなります。

     

    さらに同じ姿勢を長時間続けると血流が悪くなります。

     

    首の緊張が寝汗の原因の全てではありませんし、何か病気が隠れている

     

    可能性もあります。

     

    しかし、寝具を見直すと良い結果になる場合が多いです。

     

    寝ている時に頭をしっかり支えて、寝返りがうちやすくなることで

     

    首の緊張が緩和されます。

     

    適度な硬さと高さ、シンプルな形状の枕がおすすめです。

     

    やわらかいマットレスや布団だと、接触する表面積が増えて、

     

    寝返りもうちにくくなるため寝具との接触面に熱がこもりやすいです。

     

    適正な硬さで良い睡眠姿勢が保てるマットレスがおすすめです。

     

    首の筋肉の緊張が緩和されると自律神経のバランスが良くなり、

     

    寝汗がかきにくくなります。

     

    本当に身体にあった枕やマットレスにすると首を休めることができます。

     

    昨今は寝返りを奪う寝具がほとんど。

     

    当店は寝た状態で1ミリ単位の調整をします。

     

    寝返りにとことんこだわったマットレスも販売しています。

     

    興味のある方はお問い合わせください。

     


    睡眠中にストレスを与えろ!

    0

       

      体圧分散するマットレスは快適なのですが、寝返りの回数を減らす傾向があります。

      本来、寝具に熱がこもったり、うっ血しないようにするために行う動作が寝返りです。

      人間は動物であり、じっとしていることが最も苦手です。

      寝返りをうつことにより、血液やリンパ液の流れを促します。

      すごく気持ちよい寝具は快適すぎて寝返りをあまりうちません。

      快適な寝具は気持ちよく眠りにつけますが、意外と朝は疲れが残っていると

      いう声が多いのです。

      あまり硬すぎるマットレスは過度なストレスを与えるので良くありませんが

      適度なストレスを与えるとそれが「寝返りのスイッチ」になります。

      ストレスというと悪いイメージがありますが、生活に適度なストレスは

      必要です。

      寝返りのうちやすい環境を作ってあげると、自然に寝返りをうちます。

      身体が硬くて寝返りがうちにくい方は、ストレスを感じても寝返りがうてない

      場合があります。

      就寝前にストレッチをすることをおすすめします。

      起きたときの感じが全然違いますよ。

      やわらかい枕や変わった形状の枕、やわらかい寝具は寝返りの妨げになります。

      寒い時期は毛布や厚着も寝返りの妨げになります。

      寝返りがうちやすいオーダーメイド枕を作るのもおすすめです。

      私は身体に合わせて枕をつくっているので悩んでいる方はご相談ください。

      http://seitai-ya.com/makura


      寝返りの増やすストレッチが紹介されています。

      試してみましたがわかりやすいし良かったのでおすすめです。

      ためしてガッテン! 解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド

      http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161102/

      JUGEMテーマ:オーダーメイド枕

       


      理想的な睡眠時間

      0
        JUGEMテーマ:オーダーメイド枕



        理想的な睡眠時間というと6〜8時間くらいという説をよく聞きますが

        睡眠時間というのは個人差があります。

        6時間未満しか眠らないショートスリーパーや9時間以上眠る

        ロングスリーパーでも健康に過ごせていれば問題はないです。


        ただ「8時間は眠らないといけない」と強く思い込むのは問題です。

        本来6時間でも睡眠が足りるような人でも「8時間寝ていないので

        寝不足だ」と思い込んでしまう人が結構いるようです。

        多少睡眠時間が長くても、短くてもそんなに気にしないでください。


        理想的な睡眠時間は人によって違います。

        仕事や育児で時期的に睡眠時間が短くなったりすることは

        誰にでもあります。

        短い睡眠でもできるだけ質の高い睡眠がとれるように寝具の見直しをしてみ

        るのも良いと思います。



        大阪で作るオーダーメイド枕
         

        ホームページ→
        http://seitai-ya.com/makura/

        お問い合わせは→ seitaiya@kki.biglobe.ne.jp

         


        子供の寝返り

        0
          JUGEMテーマ:オーダーメイド枕

           

          子供って寝ている間にコロコロ転がりますよね。

          子供は体に対して頭が大きいので枕がなくても転がりやすいです。

          あれだけ寝返りができれば疲れはとれますよね。

          ただ子供も低めで良いので枕があったほうが良いです。

          体がすぐ大きくなるので高さがすぐ変わるんですが

          バスタオルやタオルケットを折ったものを枕にしても良いと思います。

          市販の子供用の枕は全体的に高めで横幅もありません。

          本当なら寝返りの多い子供のほうが横幅があっても良いくらいだと思います。

          なぜ寝返りを考えて作っていないのかが疑問ですけど。


          大阪のオーダーメイド枕「みやび」

          ホームページ
          http://www.seitai-ya.com/makura/

          お問い合わせ seitaiya@ray.ocn.ne.jp


           


          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << December 2017 >>

          SUPER CEOに掲載されています!

          次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

          ランキングに参加しています。一日ワンクリックお願いします。

          ワンクリックプリーズ!

          人気ブログランキングへ

          良かったら押してね!

          とりあえず押してね!

          selected entries

          categories

          archives

          recent trackback

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM